みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

みかん肌って見た目がデコボコでとても見た目が悪いですよね…。

そんな開いてしまった毛穴に黒ずみが溜まるわ、メイクが残るわ、挙句の果てにメイクが毛穴落ちしてしまい、毎日が憂鬱。

でもご安心ください。

みかん肌は解消できます

みかん肌を解消するためには、まずは徐々に改善していかなければなりません。

ですので順を追ってみかん肌を解消していきましょう!

以下ではみかん肌を改善解消する方法を解説しているので最後までしっかりとお読みください。

Contents

みかん肌改善までの流れを簡単に

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

まずはじめにみかん肌を改善、そして最終的には解消までの流れを簡単に説明します。

みかん肌の原因は簡単に言えば毛穴の開き

この毛穴の開きを閉じることでみかん肌は改善していきます。

なぜ毛穴が開いているのかというと、その原因は乾燥。

乾燥することで皮脂を大量に分泌して保湿しようとするため、皮脂腺が広がってしまい毛穴の開きにつながります。

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

乾燥を改善するには保湿が重要ですが、通常の化粧水や保湿乳液で改善していくことができません。

みかん肌を改善するには保湿成分で潤いを補充するのではなく、セラミドというバリアで水分を逃がさない対策をしていかなければならないのです。

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

ですから簡単に言えば「セラミドを肌に追加する事によりみかん肌は改善、そして解消していく」ことができます。

その重要なセラミドですが、セラミド肌に増やすには化粧品を使うのが一番効率的。

-ショートカットボタン-

「セラミドを増やす化粧品を早く見たい」という方は以下のボタンをクリックする事で、下までスクロールし一気にジャンプする事ができます。

お急ぎの方はご活用いただければ幸いです。

 

以下ではみかん肌を解消していくための改善方法と知識を解説しています。

みかん肌を改善解消していく方法をじっくりと理解する方はこのまま読み進めてくださいね。

 

みかん肌の症状

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

みかん肌の症状は上記でも言ったように、毛穴の開きによって起きてしまうボコボコ肌の事。

このボコボコは、「ニキビ跡」でもなく「けがの後」でもなく、毛穴の開きにより起きてしまう凸凹肌です。

みかん肌になってしますと、みかんのように皮膚がボツボツ毛穴になってしまい、とても見た目が悪くなってしまいます。

見た目が悪いだけではなく、様々な悪影響があるのですぐに改善していかなければなりません。

まずは開いた毛穴にメイクが落ちてしまう事
これを「毛穴落ち」といいます。

メイクが毛穴落ちしてしまうと、どれだけメイクに詳しくない男性の方でも、確実に「何かおかしいな?」と思わせるぐらいの違和感を与えてしまいます。

それに開いた毛穴にはメイクが残りやすく、軽いクレンジングではメイク残りしてしまう可能性も出てきてしまうのです。

また、みかん肌は皮脂の分泌が非常に多くなっているので、「メイク崩れの原因」や「テカリ肌の原因」に。

さらには肌はカサカサ、表面はテカテカというインナードライという症状にもなってしまいます。

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

なので、いち早く改善していかなければ、凸凹な肌だけではなくテカテカな肌にもなってしまうのですぐに解消法を実践していきましょう。

みかん肌の症状まとめ
  • デコボコした毛穴
  • メイクが毛穴落ちしやすい。
  • メイク残りしやすい。
  • 皮脂の分泌が多くテカリやすい
  • インナードライ

 

みかん肌の原因とは

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

「毛穴が大きく開いてしまうみかん肌」になってしまうまでには、色々な原因があり過程があります。

みかん肌のきっかけとなる一番の原因は乾燥。

乾燥状態というのは、肌に水分が足りていない状態。

この状態が続くと、肌は「水分を逃してはいけない」と思うようになります。
するとどうなるかというと、皮脂という脂を大量に分泌し始めるのです。

肌は水分を分泌する事ができないので、その代わりに皮脂を分泌し、水分を逃がさないようにしようとするのです。

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

皮脂は人間が分泌する事ができる油の事。
この油により水分を逃がさないバリアを張るのです。

しかし、もともとの水分がなければ、いくら皮脂でバリアをしようとも意味がありません。

皮脂を大量に出しているにもかかわらずなかなか保湿できない。
ですから、皮膚は早く乾燥状態をなんとかせねば!と思ってしまい、さらに皮脂を分泌しするのです。

これが皮脂の過剰分泌という状態。

  • いくら皮脂を分泌しても保湿できない。
  • だからたくさん皮脂を分泌する。

この流れで皮脂は大量に分泌され、テカリ肌の原因になるんですね。

その後はといいますと、もっともっと効率よく皮脂が分泌できるように皮脂が出る腺の「皮脂腺」が大きくなっていきます

皮脂腺は毛穴の中にありますので、皮脂腺が大きくなっていくと、次は毛穴の開きにつながってしまうのです。

毛穴が大きく広がってしまった状態がみかん肌。

原因をたどっていくと、みかん肌の根源は乾燥という事が分かりますね。

ですから乾燥を改善する事によりみかん肌は解消していくのです。

しかし多くの方は、なんとなく「みかん肌は治したいな」なんて思いつつも、自分なりのスキンケアしかしないため、なかなかみかん肌の改善に向かいません。

以下ではみかん肌が治らない場合にありがちな解消法について解説しています。

みかん肌がなかなか治らない方は、以下の解消法をいないかチェックしてみてください。

-ショートカットボタン-

「セラミドを増やす化粧品を早く見たい」という方は以下のボタンをクリックする事で、下までスクロールし一気にジャンプする事ができます。

お急ぎの方はご活用いただければ幸いです。

 

みかん肌が治らない場合にやりがちな解消法とは

ピーリングはダメ

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

まず、みかん肌の方が一番初めに「治療」として行いがちなのはピーリング。

たしかにピーリングは古い角質が取れて血色も良くなるので、みかん肌は改善しそうに思えます。

しかしこれは全くの逆効果なので注意してください。

ピーリングというのは古い角質を溶かすことにより、新しい皮膚を表面に出す方法。

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

この方法できれいな皮膚が表面に出てくる反面、強制的に新しい皮膚を表面に出すことにより育ちきっていない薄い皮膚が表面に出現します。

育ちきっていない薄い皮膚は水分を多く保っておくことができないため、余計に乾燥してしまうのです。

余計に乾燥してしまうという事は、みかん肌にとって逆効果だということはもうお分りでしょう。
乾燥は毛穴の開きにつながりますから。

また、みかん肌の原因は毛穴が開きなので、いくら古い角質を取ったところで解消しないのでピーリングは全くの無駄。
それどころか、肌を著しく痛めてしまうのでおすすめできません。

 

ゴシゴシ洗顔する

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

洗顔は毎日行う必須のスキンケアですが、やり方を間違えれば乾燥を招いてしまう行為。

洗顔時に手で強くこすっていませんか?

実は皮膚はとても傷つきやすい部分。
傷つきやすい部分をゴシゴシとこすってしまうと、水分が逃げる隙間ができてしまうのです。

水分が逃げる隙間ができると乾燥につながり、みかん肌が逆にひどくなってしまいます。

ですから洗顔を行うときは優しくしましょう。

また、洗顔で乾燥を改善する事はできないので、洗顔自体もみかん肌改善には根本的に繋がらないということは覚えておいてください。

洗顔時に使用する水にも要注意。
洗顔後は顔がしっとりしていると思いますが、それは水分が少しだけ肌に蓄えられた状態。
しかしその水分はすぐに蒸発してしまいます。

水分が蒸発していく際にもともと皮膚にあった水分も一緒に蒸発してしまうので、洗顔前よりも確実に乾燥は進んでいます。

ですから、洗顔後はしっかりと保湿対策をしなければなりません。

以下でも解説していますが洗顔後の保湿はセラミド化粧水がおすすめ

絶対に保湿化粧水ではダメです!

ただの保湿化粧水はみかん肌が治らない原因。

洗顔についてのまとめ
  • 洗顔でみかん肌は改善しない。
  • 洗顔を強くすると逆に乾燥してしまうので注意。
  • 洗顔後は保湿化粧水ではなくセラミド化粧水がおすすめ。

 

毛穴パックでビリビリと

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

みかん肌は毛穴が開いている状態なので、メイクの残りや皮脂残りが多く発生しやすいです。

メイクや皮脂が残る状態が続くと、それは黒ずみや角栓の原因になってしまいます。

つまりみかん肌は、肌の黒ずみを併発しやすいという事ですね。

しかし、皮膚の黒ずみはなかなか解消する事ができません。

そこで多くの方がやってしまいがちなのが鼻の毛穴パック

これをやることで、角栓や黒ずみをビリビリと剥がすことができますよね。

そしてその表面も意外と綺麗になっているので驚き。

しかしこれはムリヤリ剥がすという事をしてしまうので皮膚には大きなダメージを与えてしまいます。

さきほど、皮膚にダメージが加わるとその「逃げ道」から乾燥につながると説明しましたね。

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

鼻パックをしたことがある方はわかると思いますが、パックした周辺が傷んでいる事がよく分かります。

みかん肌にとって鼻パックは逆効果

また、溜まってしまった角栓や鼻の黒ずみも、みかん肌改善から遠ざかることになるという事を覚えておきましょう。

 

拭きとりクレンジングでメイクを落とす

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

テレビCMで流れている拭き取り式のクレンジングで、スルッとメイクを落としている場面が映されている事がありますよね。

たしかに拭き取り式のクレンジングでメイクは落ちるかもしれません。

しかしそれで毛穴の奥まで落ちていると思いますか?

もちろん拭き取り式のクレンジングでは、毛穴の奥まで拭くことはできません。

つまりメイクが毛穴の奥に残っている状態なのです。

みかん肌は毛穴が大きく開きメイクが残りやすい状態。
しっかりとクレンジングで毛穴の奥まで取り除かなければさらにみかん肌がひどくなってしまいます。

またふき取るという行為は皮膚を擦ること。

皮膚を擦ることで大きなダメージを与え、乾燥がちになってしまうので、クレンジングシートはあくまでも緊急時だけ使用するようにしましょう。

帰宅後はしっかりとクレンジングする事がみかん肌改善への近道。

 

-ショートカットボタン-

「セラミドを増やす化粧品を早く見たい」という方は以下のボタンをクリックする事で、下までスクロールし一気にジャンプする事ができます。

お急ぎの方はご活用いただければ幸いです。

 

みかん肌の原因は乾燥による毛穴の開きだから保湿すれば改善する

みかん肌の原因は全て乾燥から始まります。

なので乾燥を改善する事で簡単にみかん肌を改善し解消していくことができます。

しかし、多くの方が自己流のスキンケアや間違った対策を行ってしまう事により、余計にみかん肌がひどくなってしまうのです。

みかん肌が治った人の意見としては「本当に保湿するだけで見た方が改善した。」「今までのスキンケアはやりすぎだったのですね。」「保湿化粧水ではダメ!セラミド化粧水が良い理由が分かりました。」など、乾燥対策をしただけでみかん肌が治ったという声がよく聞かれます。

では順番にみかん肌を治すための保湿対策をみていきましょう。

 

保湿するにはどうすればよい?

セラミドを使おう!その保湿効果とは

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

結論から、言えば保湿するにはセラミドを使用しておけば間違いありません。

セラミドは今までの保湿の概念とは異なります。

今までの「保湿化粧水」や「保湿乳液」は、保湿成分を皮膚に届けることが主な目的でした。
しかしこれでは多くの方が経験している通り、すぐに乾燥してしまいますよね。

保湿するだけの成分では、肌に隙間がある場合、いくら保湿成分を追加したとしても蒸発してしまい、すぐに乾燥してしまっていたのです。

セラミドはそれとは違い保湿成分ではなく、「水分が逃げる隙間をふさぐバリア」。

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

ですから、今まで水分が蒸発していた部分がセラミドによりふさがるので、水分が逃げなくなり肌の水分量が上がるということになります。

セラミドにより水分の逃げ道がなくなれば、人間の水分のみで十分過ぎるほど肌を潤すことができます。
セラミド化粧水であれば、その水分とセラミドバリアにより確実に保湿する事ができるのです。

保湿には「与える保湿成分」よりも「守るセラミド」が重要

 

保湿以外にも機能するセラミド

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

セラミドは水分を蒸発させないバリアだと説明しましたが、このセラミドバリアは保水する能力だけではなく様々な効果を発揮してくれるのも大きなメリットです。

たとえば紫外線をバリアするのもセラミドの効果。

天然の日焼け止めとしてセラミドが紫外線をカットしてくれるので、セラミドが多ければ多いほどシミソバカスの対策になります。

また、セラミドのバリアは洗顔時の摩擦やクレンジング時の摩擦、無意識に顔をこすってしまう時の摩擦、メイク時の摩擦を和らげるバリアの役割を果たしてくれています。

ですからセラミドは水分を逃がさないだけではなく、ダメージを防ぐという効果もあるのです。

さらにセラミドは見た目にも影響してきます。

キメの粗いボロボロの肌は隙間が多く、セラミドが少ない状態。
しかしセラミドが増えることにより、その皮膚の隙間は綺麗に埋められキメの細かい肌にする事ができるのです。

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

バリア機能だけではなく、肌の見た目も美しくするセラミド。

セラミドは見た肌を改善するためだけではなく、あればあるほど良い成分なのです。

 

セラミドで保湿できれば毛穴の開きは治まりみかん肌は解消する

セラミドがあれば、水分を逃さず肌の水分量を上げることができると説明しました。

つまりセラミドがみかん肌改善のカギとなる成分

セラミドがあれば肌の水分量が上がります。
肌の水分量があがれば、皮膚は皮脂を大量に分泌して保湿しようとしなくなるのです。

皮脂を大量に分泌する必要がなくなれば、毛穴の開きの原因であった皮脂線の出口も小さくなります。

それに伴い毛穴の開きも小さくなり、ボコボコ毛穴のみかん肌は改善していくのです。

また、みかん肌が改善すれば、皮脂の過剰分泌も収まるのでテカリ肌やインナードライといった症状も同時に改善されていきます。

結論としては乾燥によるみかん肌改善にはセラミドが必要ということが分かりました。

「セラミドを増やせばみかん肌は改善し解消する」と口で言うのはとても簡単ですね。

では実際に、セラミドを増やしていくにはどうすればよいのでしょうか。

 

セラミドを増やすにはどうしよう?

ライスパワーNo.11でセラミドは増える

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

肌にセラミドを増やしていく方法はライスパワーNo.11という成分を使えば解決します。

ライスパワーNo.11というのはその名の通りお米から抽出した成分。

このライスパワーNo.11はセラミドを増やす肌作りができるため、日本で唯一乾燥肌を改善する成分として認められています。
つまりライスパワーNo.11でセラミドを増やすことにより乾燥肌を改善する事ができるのです。

ですからみかん肌を解消するため、乾燥肌を改善するにはライスパワーNo.11を使ってセラミドを増やしていくしかないのです。

「ライスパワーNo.11化粧品」でみかん肌は改善できる!

 

セラミド化粧水ではダメなの?

上記ではライスパワーNo.11を含んでいる化粧品でみかん肌を改善できると解説しました。

ではライスパワーNo.11ではなくもともとセラミドを含んでいる化粧品ではどうなのか?

もちろん大丈夫。

ライスパワーNo.11は皮膚がセラミドを生産できるように徐々に改善していく成分。

それに対してセラミド化粧品は、使用したらすぐにセラミドを追加する事ができるのですぐに保水する事が可能です。

しかしそのデメリットとして、追加したセラミドはお風呂に入ったり、一日たったりするとなくなってしまうので、またセラミド化粧品を使わなければなりません。

セラミドを瞬時に追加するのではなく、セラミドを生み出す肌に改善していくライスパワーNo.11とは違いますよね。

しかしセラミド化粧品は、メイクをする前にあらかじめセラミドを足しておくことで、保水し皮脂の分泌を抑えることでメイク崩れを抑える効果もあるので、即効性のあるセラミド化粧品を1つは持っておくことをオススメします。

  • セラミドを生み出す肌に改善できるライスパワーNo.11
  • セラミドをすぐに足すことができるセラミド化粧品

この2つの化粧品を持っておくと、みかん肌改善だけではなく、メイクノリが良くなったり、入浴後、洗顔後のケアに使えるのでおすすめ。

 

みかん肌改善の唯一の成分はライスパワーNo.11だった!

みかん肌を完全に解消するには、ライスパワーNo.11と成分が一番効果的でしたね。

みかん肌の原因は乾燥。

日本で唯一乾燥肌を改善できるのはこのライスパワーNo.11なのですから、この成分を知った今から使用する事をオススメします

ではライスパワーNo.11はどのような化粧品に含まれているのでしょうか。

  • 化粧水
  • 乳液

ライスパワーNo.11は、ほとんどの場合このどちらかに含まれています。

しかし、現在ではライスパワーNo.11を含んでいる化粧品は本当に少ないです。
また、どのライスパワーNo.11化粧品を使用したら良いか分かりませんよね。

以下ではみかん肌を改善すべく、使用するべきライスパワーNo.11の化粧水と乳液を紹介します。

みかん肌を改善したいのであればチェックしてみてください。

 

ライスパワーNo.11を含んでいる化粧品

化粧水のメリット

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

ライスパワーNo.11を含んでいる化粧品には「乳液」と「化粧水」がありましたが、一体どちらが効果的なのでしょうか。

それぞれのメリットについて説明していきます。

まずはライスパワーNo.11を含んでいる化粧水のメリットから。

化粧水のメリットとしては、油分等を含んでいないためシンプルなスキンケアができることです。

スキンケアをすればするほど良いと思っている方は多いと思うのですが、実はそれは過剰なスキンケアとなってしまう場合あります。

ですからスキンケアはやればやるほど良いというものではないのです。

そのような過剰なスキンケアを防ぐために化粧水は効果的。

化粧水が向いている人

ライスパワーNo.11化粧水が向いている方は、まだまだ美容成分が肌に豊富に残っている10代や20代の方におすすめ!

逆に30代や40代の方では化粧水では物足りないかもしれません。

 

乳液のメリット

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

乳液のメリットは、化粧水とは違い、油分を多く含んでいてその他に様々な美容成分を含んでいる事が特徴

乳液はみかん肌改善だけでなく、様々なスキンケアを行うことができるというメリットがあります。

ですから、肌のコラーゲンやセラミドが減少してくる30代以降の方は乳液がおすすめです。

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

しかし乳液には油分が多いため、皮脂の分泌が正常な方が使用してしまうと、テカリ肌の原因となってしまうので注意してください。

肌がカサカサしていて、年齢を感じるようになってきた場合に乳液はおすすめ。

また、30代以降は毛穴がたるみ、下へ大きく広がることでみかん肌になってしまうこともあります。

たるみ毛穴によるみかん肌に注意!!

たるみ毛穴によるみかん肌に関しては、乾燥を改善しただけでは解消しません。

たるみ毛穴のみかん肌は乾燥の改善をしつつ、たるみケアもしていかなければ解消しないのです。

みかん肌を改善する「ライスパワーNo.11化粧水」はライースリペア

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

みかん肌を改善するためのライスパワーNo.11を含んでいる化粧水はライースリペアがおすすめです。

「様々な成分」や「商品」自体にも品質というものがありますが、例外なくライスパワーNo.11という成分にも品質があります。

その点、ライースリペアは別格

その理由は、ライースリペアはお米を扱っている酒造が開発した化粧水だからこそ。

その高品質なお米を使用し、お米のノウハウを生かして独自に抽出したものがライースリペアのライスパワーNo.11。

その高品質なライスパワーNo.11はとても粒子が小さいため、浸透力も抜群。

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

ですからみかん肌改善にあたり、ライースリペアを使用するというのはとても効果的なのです。

また、ライースリペアには化粧水だけではなく「美容液」や「導入液」も付属してくるので、化粧水に含まれているライスパワーNo.11を閉じ込めしっかりと浸透させることができます

美容液や導入液にもライスパワーNo.11が配合されているので、「化粧水」「導入液」「美容液」を使えば最大で「3層のライスパワーNo.11」でケアする事ができるのです。

まさにみかん肌改善にはもってこいの化粧水。

今ならお得な価格でみかん肌を解消することができるので一度チェックしてみてください。

ちなみに当サイトの管理人もライースリペアみかん肌を改善できた一人。

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

ライースリペアを使用して夜のケアを続けた結果。
ホルモンの分泌が活発になる夜と、ライースリペアの力でみかん肌を解消することができました。

ライースリペアはきっとあなたの力になると思います。

 

 

瞬時にセラミドを追加する化粧水なヒフミド!

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

上記ではライスパワーNo.11を含んでいる化粧水のライースリペアを紹介しました。

ここでライスパワーNo.11ではなく、セラミドそのものを含んでいる化粧水を紹介します。

ライースリペアはナイトケアに使用していたといいましたが、今紹介するのは化粧下地として、そして日中乾いたときにすぐ使えるのでオススメです。

一番オススメなセラミド化粧水はヒフミド。

ヒフミドはヒト型セラミドを3種類配合しているのが最大の特徴。

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

色々な形のヒト型セラミド配合しておくことにより、様々な形状の肌の隙間をふさぐことができます。
これにより、きれいに水分の逃げ道をふさぐことができるので、いとも簡単に保湿する事ができるのです。

それがヒフミドの最大の特徴。

3種類のヒト型セラミド配合している事から、その効能が審査機関により評価されています。
製造元も小林製薬なので品質も安心。

管理人は朝の化粧下地としてヒフミドを使用していました。

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

その結果、皮脂が分泌されやすい状態だったのが、すぐに保湿できていたことによりみかん肌特有のアブラギッシュ状態がなくなり、メイクが崩れないようになりました。

ライースリペアはライスパワーNo.11を配合しているので夜浸透させることがおすすめですが、ヒフミドはすぐにヒト型セラミドを補給できるので、持っておいて絶対に損はないです。

管理人自身が実際に使用したからおすすめできるんです!

みかん肌を改善する「ライスパワーNo.11乳液」はライスビギン

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

30代以降のセラミドやコラーゲンが少なくなっている方にはライスビギンというオールインワン乳液がおすすめです。

ライスパワーNo.11を含んでいるのでみかん肌を改善できるのはもちろんの事、様々な美容成分が含まれているので、みかん肌改善だけではなくエイジングケアも同時にする事ができるからです。

みかん肌で肌年齢を感じ始めているなら、シンプルケアの化粧水よりも、オールインワン乳液のライスビギンがおすすめ。

その効能はヒフミドと同様、第三者機関にて効能評価済みなのでとても安心。

ちなみに、ライスビギンに含まれているライスパワーNo.11は、ライースリペアの製造元が抽出したライスパワーNo.11なのでとても高品質ですよ。

全額返金保証がついているので、初めて購入する方も安心。

 

 

30代以降は美容成分が多い乳液もオススメ

30代以降に起きる「乾燥」と「たるみ毛穴」が併発したみかん肌

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

上記のライスビギンは、ライスパワーNo.11を配合しているため、あくまでも「乾燥が主によるみかん肌改善」が目的。

ただし、30代以降は乾燥以外でみかん肌になってしまうことがあるのです。

それはたるみ毛穴によるみかん肌

毛穴がたるむとどうしても毛穴が下に伸び、垂れてしまいますよね。

毛穴が下に伸びてしまうと、もちろん毛穴は大きくなってしまうので、それはみかん肌になっているのです。

また、毛穴のたるみによるみかん肌は乾燥が原因ではありません。
乾燥ケアのみをしても、みかん肌は改善しないので注意してください。

しかし、厄介なパターンもあり、「乾燥によるみかん肌」と「たるみ毛穴によるみかん肌」を同時に発症している事があります。

これは明確に判断する事はできないので、乾燥とたるみの両方のケアをしていかなければなりません。

ちなみにこの場合は、「保湿ケア」と「弾力ケア」の両方をするようにしましょう。

そうしていくことで乾燥とたるみ毛穴によるみかん肌の併発パターンは解消していくことができます。

 

たるみ毛穴によるみかん肌解消は美容成分が必須

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

まずたるみ毛穴にはハリ成分の補給が必要。

ですから、シンプルなスキンケアができる化粧水という選択肢は無くなります。

使うべき化粧品はオールインワン乳液

ですが上記で紹介した「ライスビギン」はライスパワーNo.11がメインですから、あくまでも乾燥によるみかん肌改善がメインとなってしまいます。

たるみ毛穴によるみかん肌を解消するには、ライスビギンよりも多くの美容成分を配合しているオールインワン乳液を使うこと。

これで、たるみ毛穴によるみかん肌は簡単に解消する事ができます。

もちろんハリ成分だけではなく、保湿成分もふんだんに配合されている乳液を使用してください。

たるんだ毛穴のみかん肌解消なら「エポオールインワン」

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

たるみ毛穴によるみかん肌解消であればエポオールインワンがおすすめ。

エポオールインワンは保湿成分もさることながら、それ以上にエイジングケア成分が配合されており弾力を取り戻しやすいという特徴があるからです。

エポオールインワンには弾力成分の「馬プラセンタ」と「へその緒エキス」を配合しています。
これらはエイジングケアによく配合されている成分で、ハリを取り戻すのに最適。
また、プラセンタとへその緒エキスは保湿力もあるので、ハリと保湿の両方を実現する事が可能です。

プラセンタの化粧品など単品で存在する事はありますが、馬プラセンタとへそのエキスを同時に配合しているのはこのエポオールインワンが世界初

そしてそれらの効果を実証するように効能の評価試験済みなので、誰でも安定した成果を得ることができるのです。

馬プラセンタとへそのエキスだけでも十分なのですが、それに加え8種類のコラーゲンを配合。

コラーゲンはご存知の通りハリや潤いのケアに適しています。

プラセンタやへその緒だけでは潤しきれなかった部分も、最後の仕上げとして、コラーゲン8種類がくま無くアプローチし、全体を保湿する事が可能なのです。

また、年齢と共に肌のコラーゲンが失われていくので、エポオールインワンで補給できるのはとても嬉しいですね。

これで乾燥とたるみケアはバッチリですね。

もちろん「乾燥によるみかん肌」は保湿に特化したライスパワーNo.11の化粧品がおすすめです。

しかし、たるみ毛穴も併発しているのであれば、こちらのエポオールインワンを使用する方が確実に効率よく改善する事ができます。

まさにたるみ毛穴によるみかん肌解消にとって最適なオールインワン乳液。

 

 

成分を効率よく浸透させるならクレンジングを使用

クレンジングでライスパワーが浸透する理由

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

みかん肌を改善するためには、ライスパワーNo.11でセラミドを増やしたり、保湿する事が重要だと説明しました。

それにはまず成分をしっかりと浸透させなければなりません。

多くの方が毎日クレンジングをして、毛穴汚れやメイクを落としていると思います。

毎日のクレンジングの使用は皮膚の汚れを落とすだけではなく、成分の浸透を邪魔する古い角質や油汚れ、メイクを落とすことができるので、みかん肌に改善にとても役立ちます。

ライスパワーが浸透するのも例外ではありません。

毎日しっかりとクレンジングを行うことにより、ライスパワーがしっかりと浸透し、みかん肌の改善を加速させます。

ですが、あまりに強力過ぎるクレンジングはおすすめできません。

たしかに強力なクレンジングは汚れを綺麗に落とすことができますが、その分肌に大きなダメージを与えてしまいます。

このダメージは、皮膚が綺麗になることと引き換えに乾燥を招いてしまうというデメリットも存在するのです。

ですからクレンジングでライスパワーやコラーゲンの浸透を効率よく行うためには、綺麗に汚れを落としつつも肌にダメージを与えないクレンジングが必要なのです。

オイルクレンジングやゲルクレンジングは確かに洗浄力が強いのですが、その分、肌へのダメージも大きくなります。

しかしバームクレンジングなら、肌へのダメージはほとんどないにもかかわらず洗浄力は保っているので、みかん肌にはバームクレンジングおすすめ

 

ビューティークレンジングバームで優しくしっかり土台作り

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

そこでおすすめなのが「生クレンジング」のビューティークレンジングバーム

ビューティークレンジングバームは使えば人の体温でトロトロになります。
このとろみのあるクレンジングバームが汚れをしっかりと吸着し、摩擦を和らげダメージを防ぎます

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

さらに何と美容成分が41種類も入っているので、クレンジングにより受けた刺激をすぐに無効化。

みかん肌に最適のクレンジングといえます。

また、ビューティークレンジングバームはクレンジング後の洗顔も不要なので、洗顔によるダメージも受けることがありません。
ですから洗顔後の乾燥を招くこともないのです。

ビューティークレンジングバームでダメージなく綺麗に肌を整えたところで、化粧品を使用する事で効率よくみかん肌を改善していくことができます。

 

ビューティークレンジングバームなら今後のみかん肌対策にも

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

ビューティークレンジングバームを1つ持っておけば、みかん肌を改善するだけではなく、ずっと使い続けていくことでみかん肌対策にもなるのでおすすめ。

みかん肌が少しでも気を抜くと、再発してしまいます。

ビューティークレンジングバームを持っておくことにより、クレンジングと同時に41種類の美容成分で瞬時にスキンケアをする事により、みかん肌の対策を行うことができるのです。

浸透しやすい土台作りをする事ができたら、各々化粧品を使えばそれは浸透率が高まり、とても良いスキンケアを行うことができます。

みかん肌を改善してもなお使い続けているクレンジング。

これを使って以来、肌トラブルを起こすことが全くなくなりました。

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

 

 

みかん肌を今すぐに隠したいなら化粧下地で

化粧下地にはこだわろう

上記では様々なみかん肌を改善する方法を説明しました。

しかし、状況によってはすぐにみかん肌のボコボコ隠したいということもあるでしょう。

たとえば

  • 仕事で大切な取引先と出会うときに印象を良くしたい。
  • 合コン
  • デート

などなど人それぞれに事情があり、みかん肌を見せたくないという方もいるでしょうから

そんな時は化粧下地を使用するのがおすすめです。

多くの方は化粧下地を使っているかと思いますが、その化粧下地はどのようなものですか?

みかん肌に最適な化粧下地というのは、ボコボコ毛穴のカバー力はもちろんの事、洗い流しやすさも重視しなければなりません

なぜ洗い流しやすくなければならないかというと、みかん肌は毛穴が広がっており、メイク残りしやすい状態だからです。

ですから、水だけでも洗い流せるくらいの下地を使用しておかなければ、メイク残りしてしまいみかん肌がひどくなってしまいます。
ですから、化粧下地にはこだわるようにしましょう。

化粧下地にこだわりを持てば、カバー力を持ちつつ洗い流しやすい過ごした時に出会えるはずです。

みかん肌を隠すおすすめの化粧下地は「エトヴォスミネラルファンデーション」

kaizen9 みかん肌を改善する方法!正しくやれば誰でも解消することができる

みかん肌を継承したぜ隠すのであればエトヴォスミネラルファンデーションがおすすめ。

このエトヴォスミネラルファンデーションは、クレンジングなしで洗い流すをコンセプトに作られた化粧下地。
ですから、毛穴残りのリスクが本当に低いという事が特徴です。

エトヴォスミネラルファンデーションは化粧下地でありながらファンデーションの役割も担っているので、これ1つで毛穴をフラットにし、毛穴レスに見せることができます

なので基本的にはこれだけでメイクは完了。

あとはアイメイクなどを施せばメイクはバッチリ!

もちろんカバー力も抜群でみかん肌に最適。

みかん肌に悩んでいるのであれば隠すという状況も出て来ることでしょう。

その際にエトヴォスミネラルファンデーションを使用してみてください。

綺麗にみかん肌を隠せるだけではなく、毛穴残りしないので毎日メイクしてもみかん肌の症状を進行させることがないのでとてもおすすめです。

 

 

みかん肌の改善方法まとめ

上記では様々なみかん肌改善方法を解説してきました。みかん肌改善解消には何より保湿が大切だということが分かりましたね。

保湿するためには、水分を逃がさないセラミドが必要だという事を覚えていますか?

セラミドはライスパワーNo.11を使うことで増やすことができます。
またすぐにでもセラミドを追加したい場合は、セラミド化粧水のヒフミドを使えば良いということでしたね。

しかし、ミカン肌の原因は乾燥によるものだけではありませんでした。

たるみ毛穴によるミカン肌も存在しましたね。
たるみ毛穴によるミカン肌改善なら「保湿と乾燥をケアができるエポオールインワン」がおすすめでした。

みかん肌の原因は毛穴の開き。
そのためには化粧品を使用することがとても効果的。

みかん肌は放置して治るというものではありません。

再生力には限界がありますから、化粧品で必要な成分を補わなければならないのです。

みかん肌を解消するのはとても簡単。
今からでも間違ったスキンケアをやめて、上記で紹介した化粧品を使ってみかん肌を解消してくださいね。

管理人が改善に使用した化粧品

ライスパワーNo.11化粧水

 


セラミド化粧水

 


生クレンジング