みかん肌

みかん肌になる原因と治らない原因まとめ!これやっちゃってませんか?

本記事ではみかん肌になる原因と治らない原因をまとめています。原因を知れは今まで治らないと悩んでいたみかん肌を効率よく治すことができます。

みかん肌を引き起こしやすい人の特徴

ニキビ跡がある人

ニキビ跡やクレーターがある方はみかん肌を起こしやすい原因です。

クレーターに関してはすでにみかん肌のような症状になっていますね。

ニキビ跡があるということは、ニキビができやすい体質の証拠でもあります。
このように肌トラブルを抱えやすい方は例外なくみかん肌を引き起こしやすい原因を持っているという証拠にもなるのです。

そして肌トラブルを起こしやすい方は間違いなく敏感肌。

という事は敏感肌は、みかん肌も起こしやすい原因ということが分かりますね。

もともと毛穴が大きい人

もともと毛穴が大きい人はすでにみかん肌になっていると言っても過言ではありません。

毛穴が大きく開いているのであれば、やたらと顔がベタつきませんか?
毛穴が開いているという事は皮脂腺も大きく開いているということです。

皮脂腺が大きく開いている理由は、肌が乾燥しているからです。
肌が乾燥していると水分を逃がさない皮脂のバリアを多く分泌するのでテカリが発生します。

しかし皮脂だけでは保湿する事ができないので、皮脂が過剰に分泌されるのです。

そして皮脂が過剰に分泌され始めると、皮脂をたくさん出すために皮脂線も大きくなります。

皮脂腺は毛穴の中にあるので、その穴が大きくなることで毛穴も開くのです。

ですから毛穴が開いているのはみかん肌になっているということ。

また、皮脂の過剰分泌は、インナードライという症状にも注意。
インナードライは肌は乾燥しているにもかかわらず正面はベタベタという症状です。

みかん肌に多い症状なので注意してください。

 

肌が乾燥気味の人

上記でも言ったように乾燥はみかん肌の原因。

乾燥すれば皮脂が分泌され、毛穴が大きくなると説明しましたね。

逆に、乾燥さえ克服する事ができれば、皮脂の分泌は治まるので毛穴の開きも小さくなり、みかん肌が改善していきます。

 

たるみ肌の人

肌のたるみはみかん肌の原因になりやすいです。

顔のたるみは加齢によるのもそうですが、ストレスなどでもたるみを生み出します。

たれ下がった皮膚はみかん肌の原因になるので注意してください。
皮膚が垂れ下がるとそれと同時に毛穴も垂れ下がります。
いわいるたるみ毛穴というものですね。

たるみ毛穴になり、下に伸びたように毛穴が開いてしまうと、みかん肌のようにボコボコになってしまいます。

たるみ毛穴によるみかん肌は、乾燥が原因というよりエイジングケアをする事で改善します。

特にたるみ毛穴によるみかん肌は30代以降の年齢が気になる頃に多い症状ですので、その際は美容成分をふんだんに含んでいる乳液を使用してください。
乳液は皮脂の分泌が少なくなった30代以降の方にもおすすめですし、美容成分が豊富に含まれているので。

関連記事>>>「たるみ毛穴によるみかん肌の方におすすめの乳液」をチェック

 

肌が過敏な人

敏感肌もみかん肌の原因。

敏感である以上少しの刺激でも大きなダメージが加わってしまいます。
そのダメージは肌に水分が逃げ出してしまう隙間を作ってしまうからです。

水分が逃げることで肌が乾燥し、毛穴は開いてしまいます。

 

みかん肌になってしまう原因はコレ!該当するなら危険かも

不適切な洗顔

洗顔はただ顔を洗えば良いと思っていませんか?

適当な洗顔はみかん肌になってしまう原因。

適当に泡を立てて汚れを取るためにゴシゴシ強く擦る。

これでは肌を傷付けてしまい水分が逃げる道を作ってしまいます。
ですから不適切な洗顔は乾燥を招く原因となり、みかん肌が治らないのです。

汚れを取るのであれば洗顔で強くこするのではなく、クレンジングを使用しなければ取れません。
ただでさえ毛穴が大きく開いているみかん肌。
しっかりとクレンジングを使って汚れを取っていきましょう。
それは洗顔では取れませんよ。

また、クレンジングも同様で適当に行ってしまうのもみかん肌が治らない原因。
クレンジングも優しくこすらなければなりません。

つまり肌をゴシゴシ強くこすって痛めてしまうという行為がみかん肌が治らない一番の原因と言えるでしょう。

ホルモンバランスが乱れている

ホルモンバランスの崩れもみかん肌になってしまう原因です。
ホルモンバランスが乱れてしまっていると、皮脂の分泌が多くなってしまいがち。

皮脂の分泌が多くなってしまう事により、毛穴も同時に開いてしまうからです。

ただしホルモンバランスの乱れよりも適当な洗顔の方がみかん肌が治らない原因です。

 

食生活の乱れや不摂生

食生活の乱れや不摂生もみかん肌になってしまう原因。

いつも脂っこい食事をしていませんか?
脂っこい食事ばかりをしていると、その分、体から皮脂という油が多く分泌され始めます。

皮脂が多く分泌されるとどうなるかもお分りですよね。

毛穴が大きく開いてしまいみかん肌の原因となってしまうということでしたよね。

逆に、食べ無さすぎもみかん肌の原因になります。
というのも、ムリなダイエットをしていると皮脂が分泌されるのではなく今度はホルモンバランスの乱れにつながってしまうからです。

ホルモンバランスの乱れはさきほども説明したように皮脂の過剰分泌の原因です。

 

睡眠不足

多くの日本人が睡眠不足に陥っている状態ですが、この睡眠不足もみかん肌が治らない原因。

肌のゴールデンタイムと言って22時~3時の間に睡眠をしっかり取っていないと肌の生まれ変わりサイクルが正常化されません。

また、睡眠不足はホルモンバランスの乱れにつながるので要注意。

睡眠は美肌の基本ですが、みかん肌が治らない原因にもなるのですね。

 

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まっているのもホルモンバランスの乱れにつながり、みかん肌になってしまう原因となります。

どんなことでもよいです。
少しでも時間を見つけて、その時間を自分の趣味に費やしましょう。

本当に時間のない方は、何も考えずに10分程度散歩するだけでもストレスを解消する効果があるとされています。

 

加齢

加齢もみかん肌の原因となります。

加齢によるみかん肌は2パターンあり、歳をとったことにより乾燥肌になりそこからみかん肌になってしまうパターン。

そしてもう1つは、肌がたるんだことによりたるみ毛穴によりみかん肌になってしまうパターン

この2つがあります。

乾燥肌からみかん肌になってしまう場合は「みかん肌に効く化粧水」がおすすめ。

たるみ毛穴からみかん肌になってしまうパターンは「みかん肌のケアとエイジングケアが同時にできる乳液」がおすすめ。

 

その中でも乾燥はみかん肌の一番の原因

やはり多くの方なみかん肌になってしまう原因は乾燥です。

むしろ乾燥に悩んでいない方のほうが少ないのではないでしょうか。
その乾燥が進んでしまうとみかん肌の原因になってしまうので早くからのケアが必要となります。

しかし、みかん肌を治そうと間違った努力をしてしまう方も多いです。

以下ではみかん肌が治らない間違った対策について解説していますので、当てはまる方は今すぐに改善してください。

 

みかん肌が治らない!間違った対策をやっているかチェック

ピーリング

ピーリングではみかん肌は治りません。
間違えてピーリングをやってしまうとみかん肌が治らない原因となってしまうので注意してください。

というのもピーリングは角質を溶かして新しい皮膚を表面に出す治療法です。
みかん肌といえば、乾燥が原因で開いた毛穴が原因。

ですから、角質を溶かして新しい皮膚を出そうとも、毛穴は小さくならないのでみかん肌は治らないのです。

それどころか、ピーリングを行うことで乾燥が加速し、さらにみかん肌がひどくなってしまう原因になるので注意してください。

関連記事>>>みかん肌にピーリングは効果なし!逆に今よりもひどくなるかも

力任せの洗顔

力任せの洗顔はさきほども説明したように、ゴシゴシこする事で肌がダメージを受けてしまい、その隙間から水分が蒸発してしまうと説明しましたね。

水分が蒸発してしまうと、乾燥気味になってしまうので強い洗顔はやめてください。

間違ったクレンジング

間違ったクレンジングというのは、クレンジング後に洗顔をしていない。ということや、クレンジングの刺激が強すぎるなどといったものです。

ダブル洗顔不要クレンジングでもないのに、クレンジング後に洗顔をしないのは、クレンジング剤が肌に残り続けダメージを負い見た方がなかなか治らない原因となります。

また、クレンジングの刺激が強すぎるのも肌にダメージを与えてしまい、乾燥してしまう大きな原因です。

クレンジングの中でも刺激が強いのはオイルクレンジングとゲルクレンジングです。

しかし大きく開いたみかん肌の毛穴を洗浄するには洗浄力も必要です。
そこでおすすめなのがクレンジングバーム。

バームクレンジングは洗浄力もあり肌にもやさしいという特徴があるので、見た肌に最適のクレンジング。

クレンジングに悩んでいるのであれば、このビューティークレンジングバームを使用してみてください。
密着するトロトロのクレンジングバームが綺麗に汚れを落とし、41種類の美容成分が肌のダメージを軽減してくれます。

ファンデで隠すのが日課

たしかにファンデーションを使用する事でみかん肌を隠すことはできます。

しかしファンデーションを使用しても見た肌は治りません。

それどころか、カバー力重視でファンデーションを使用していると毛穴の中にファンデーションが残ってしまい、みかん肌が治らない原因となります。

みかん肌に最適のファンデーションは洗い流しやすいミネラルファンデーションです。

ミネラルファンデーションの中でも、エトヴォスミネラルファンデーションという化粧下地はクレンジングなしで石鹸のみで落とすことができるので、大きく開いたみかん肌の毛穴に残ることはありません。

みかん肌を隠したいのであればエトヴォスミネラルファンデーションがおすすめです。

関連記事>>>みかん肌をファンデーションで隠す時のおすすめ化粧下地!カバー力が高いのはどれ?

顔パック、または鼻パック

みかん肌は毛穴が大きく開いている状態なので鼻の黒ずみや角栓ができやすいです。

毛穴詰まりを起こしたらとりあえずパックをする
そして角栓を引き抜く

これを繰り返すと肌は大きなダメージを負ってしまい、乾燥しがちになってしまいます。

むしろ1回でも鼻パックをしてしまうと大きなダメージを負ってしまうので黒ずみを取るパックは絶対におすすめできません。

パックを使用したことがあればわかると思いますが、剥がすときにかなり痛みを感じますよね。
それに伴い大きなダメージを受けているのはわかると思います。

鼻の黒ずみや角栓はパックを使わなくても高品質なクレンジングで簡単に落とすことができます。
上記でビューティークレンジングバームの事に少し触れましたが、みかん肌であればこのクレンジングで問題なく黒ずみを落とすことができます。

過剰なスキンケアは要注意

みかん肌がなかなか治らない…。

この世に悩んでいる方は熱心にスキンケアをしがちです。
しかしそれは過剰なスキンケアになっていませんか?
過剰なスキンケアはみかん肌がなかなか治らない原因の1つ。

化粧水を使い、そのあと乳液を使い、その後はクリームを塗る。

これでは油で肌がギトギトになってしまいます。

ただでさえ皮脂を分泌しやすくなっているみかん肌。
このスキンケアはみかん肌の症状をひどくさせてしまう原因なのでやめてください。

皮脂の分泌が多い方は化粧水」で。

たるみ毛穴のみかん肌は乳液」で。

このように解消していくのがおすすめ。

 

みかん肌の原因と治らない原因のまとめ

みかん肌になりやすい人
  • ニキビ跡がある人
  • もともと毛穴が大きい人
  • 肌が乾燥気味の人
  • たるみ肌の人
  • 肌が過敏な人

 

みかん肌になってしまう原因
  • 不適切な洗顔
  • ホルモンバランスが乱れている
  • 食生活の乱れや不摂生
  • 睡眠不足
  • ストレスが溜まっている
  • 加齢

 

みかん肌が治らない原因
  • ピーリング
  • 力任せの洗顔
  • 間違ったクレンジング
  • ファンデで隠すのが日課
  • 顔パック、または鼻パック
  • 過剰なスキンケアは要注意

これらに該当する人は今すぐにでも改善してくださいね。

 

みかん肌の対策は気づいた今日から始めるべき理由

みかん肌はほとんどの人がなる可能性があるから

上記では様々なみかん肌の原因を解説しました。

みかん肌の一番の原因は乾燥と加齢です。

これらは誰でも悩まされる問題。

という事はつまり誰でもみかん肌になる可能性があるという事です。

ですから、みかん肌をした時点でみかん肌の対策をしていかなければなりません。

みかん肌の原因は何より乾燥、保湿を心掛ける!

みかん肌の一番の原因は乾燥なので、今すぐにでも保湿を心がけていきましょう。

保湿はみかん肌を対策するだけではありません。

保湿する事ができればメイクノリもよくなりますし、紫外線を防ぐこともできます。

潤っている肌がみかん肌の原因を作らないだけではなく様々なメリットばかりなのです。

それに加えて、潤っている肌は老化しにくいのでたるみ毛穴によるみかん肌の原因も作らせません。

 

みかん肌を防ぐ保湿のカギはセラミド

乾燥を防ぐカギとなるのはセラミドです。

セラミドのバリアは水分の蒸発を防ぐ効果があるので、根本的に乾燥の問題を解決する事ができるからです。

また、セラミドがあればキメの細かい肌を保つことができ、たるみ毛穴によるみかん肌の原因をシャットアウトする事も可能。

肌にとってセラミドは欠かせない成分であり、みかん肌の原因を作らせないという役割も果たしてくれるのです。

ライスパワーNo.11でセラミドを生産する肌作りを

セラミドを肌に増やしていく方法はライスパワーNo.11という成分しかありません。

この成分はセラミドを増やすことが認められている有効成分でなおかつ唯一の成分。

ですから肌にセラミドを増やすのであればライスパワーNo.11を使用するしかありません。

 

みかん肌の原因をなくす!セラミドを増やす化粧品は!?

化粧水ならライースリペア

ライスパワーNo.11を含んでいる化粧水ならライースリペアがおすすめ。

ライースリペアは酒造ならではの独自ノウハウでお米から高品質なライスパワーNo.11を抽出しているからです。

これにより効果的にセラミドを増やしていくことができます。

 

乳液ならライスビギン

ライスパワーNo.11を含んでいる乳液ならライスビギンがおすすめ。

ライスビギンは上記で紹介したライースリペアが抽出したライスパワーNo.11を使っているので、とても高品質。

また、ライスビギンが乾燥しわに対してもこの試験評価済み。

全額返金保証もあります。

 

たるみ毛穴によるみかん肌ならエポオールインワン

たるみ毛穴が原因のみかん肌なら、保湿もできてたるみのケアもできる。エポオールインワンがおすすめ。

これはみかん肌におすすめの乳液ランキングでも1位の商品です。

エポオールインワンは世界初のプラセンタと馬のサイタイエキスを含んでいるオールインワン乳液。
プラセンタと臍帯には豊富なヒアルロン酸やその他の美容成分を含んでいるのでたるみケアにおすすめ。
またそれに加え、独自にコラーゲンを8種類配合しているので、たるみケアをしつつ、潤いを与えることができます。

ですから、たるみ毛穴によるみかん肌を解消するのであれば乳液ランキング1位のエポオールインワンがおすすめ。

 

みかん肌の原因を知れば簡単に改善可能

上記では様々なみかん肌の原因について解説しました。

どうでしょうか。

みかん肌の原因を知った後は、改善方法はいたってシンプルだということに気づきませんか?

乾燥を改善すれば皮脂の分泌がおさまり毛穴も小さくなる。

エイジング成分でたるみ毛穴を解消すればみかん肌は改善できる。

これがみかん肌改善の流れ

みかん肌の方は難しく考えすぎです。

上記で説明したみかん肌の原因を探り、最適なスキンケアを行うことでみかん肌は簡単に改善しますよ。